2013年11月セルフメディケーション

セルフメディケーションとは?

WHO(世界保険機構)の定義では「自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分の判断で手当てをすること」とされています。つまり「自分の健康は自分で守る」ということです。
これはもちろん医師に頼らず自分勝手な健康法を行うという意味ではありません。
自分の健康に責任をもつには、日常生活の中で食事に気を配ったり、睡眠、運動など生活習慣を整えることが基本になります。
セルフメディケーションの考え方が推進されるには社会問題も関係しています。
医師不足や保健医療費などの問題です。
◎日常生活から気をつけることにより、生活習慣病を防げるのでは?
◎軽医療については市販薬でまかなえる
◎常に病気を予防する意識を持つ

まちのかかりつけ薬局として

そこでセルフメディケーションのお手伝いの場として薬局をご利用ください。 お薬の相談はもちろんのこと、日頃の食生活に関する栄養相談も承ります。
最近よく耳にする未病(病気予備軍)なのかな?と、なんとなく気になる体の不調や悩み事がある方や、家族の介護で困っていることがある方など一度ご相談にお立ち寄りください。

smectatesmin
腸内のデトックスにもオススメ
これからの季節、RS・ノロ・インフルエンザなど様々なウイルスや細菌が活性化してきます。これらから感染を予防するために予防ワクチンも一つの手段ですが、完璧なバリアにはなりません。そこでプラスの予防対策として、手洗いやうがいの徹底、マスクの着用などに加えて、空間除菌をおすすめします!
置いておくだけで、二酸化塩素分子のチカラで空中に浮遊するウイルスや菌を除去できるというものです。ウイルスや菌を99%除去できるとも言われています。