健康食人 vol.89 -骨粗しょう症-

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症は、骨の中のたんぱく質やミネラルが溶け出し、骨量が減って骨がスカスカな状態になり腰痛や骨折を引き起こす病気です。

骨を強くする主な栄養素は「カルシウム」「ビタミンD」「ビタミンK」。

これらをしっかり摂取して骨粗鬆症を防ぎましょう。

骨粗しょう症を防ぐために

◎カルシウムを多く含む食材 → 骨や歯の形成に必要な栄養素

魚介類:ワカサギ、マイワシ、干しエビ、しじみ

乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズ、スキムミルク

大豆製品:木綿豆腐、凍り豆腐、生揚げ、納豆

野菜・海藻類:小松菜、チンゲン菜、切干大根、角かんてん、わかめ

◎ビタミンDを多く含む食材 → 腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素

魚介類:サンマ、イワシ、カレイ、サケ、ブリ、しらす干し

きのこ:干ししいたけ、きくらげ

◎ビタミンKを多く含む食材 → カルシウムを骨に取り込み、骨を強くする栄養素

野菜類:ブロッコリー、小松菜、ニラ、キャベツ、モロヘイヤ、ほうれん草

その他:納豆、鶏もも肉、干しわかめ