健康食人 vol.107-ポリフェノール-

☆ポリフェノールとは

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分の事を言います。抗酸化作用が強く、活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑えてくれます。活性酸素は大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化などを引き起こすと言われています。生活習慣病の予防にも役立ちます。

☆ポリフェノールの種類・機能・多く含む食品

ポリフェノールにはたくさんの種類があります。種類により、さまざまな機能があると言われています。代表的なものをご紹介します。

種類 機能 多く含む食品
アントシアニン 目の働きを高めてくれ、疲れ目や目の機能の向上に役立つ ブルーベリー

ブドウなど

イソフラボン 女性ホルモンに近い働きをする。更年期障害・骨粗鬆症の予防・改善に役立つ 豆類
カテキン 消臭効果 緑茶など
クルクミン 殺菌効果があり食中毒の予防に効果的!胆汁の分泌を促し肝機能を高め、悪酔いや二日酔いを防ぐ ショウガ・ウコンなど
ショウガオール ショウガの辛味成分が加熱により変化したもの。代謝を活発にして血行を促し体を温める ショウガなど
☆ポリフェノールの上手な摂り方

果物などは出来るだけ皮ごと食べる

ポリフェノールは、野菜・果物・豆類など皮の部分に多く含まれています。りんごやブルーベリーと言った、そのまま食べられる果物などは、皮ごと食べると効率よく摂取出来ます。

水溶性の為、毎食摂る事がおすすめ

たくさん摂っても体内に蓄える事が出来ず、3~4時間程度で排泄されてしまいます。少しずつ毎食摂取するようにしましょう。