健康食人 vol.85 -酢-

★酢のはたらき


●疲労回復やスタミナ増進に

酸味のもととなるクエン酸は摂取した食物を体内でエネルギーに変える働きをスムーズに進めます。疲労回復やスタミナ増進には欠かせない成分です。

●食べ合わせで吸収率アップ

疲労時は酢をそのまま飲むのが効果的ですが、酢が強すぎるので水などで薄めたり、りんご酢を果汁で割ると飲みやすくなります。また、水に溶けにくいカルシウムを水溶性にする性質があるので、カルシウムを含む食品といっしょに食べると効率よく吸収できます。

「★酢の上手なとり方」も参考にしてみてください。

●疲れやだるさに効果的!肩こりや腰痛の緩和にも

クエン酸は、疲労の原因物質や、肩こりや腰痛の原因にもなる乳酸の生成を抑えます。また、ビタミンCの酸化を防いだり、肥満や過酸化脂質の生成を抑制したりする機能もあるので、シミやソバカス、ダイエットや生活習慣病の予防にも役立ちます。

★酢の上手なとり方


●空腹時を避け、食事中や食後に

空腹時に酢をとると胃を痛めるので、食事中や食後にとりましょう。またお酢には食欲増進効果があるので、食前に摂ると逆に食べ過ぎてしまうことがあるので気を付けましょう。

 ●健康維持のためには、1日大さじ1〜2杯が目安

酢は料理をつくるときや、できあがった料理にかけたりして使いましょう。毎日大さじ1〜2杯が目安です。毎食後、数回に分けてとる方法でも大丈夫です。

酢をドリンクとして飲む場合は、5〜10倍を目安に薄めます。酢を飲んでそのまま寝ると、歯が溶けてしまう酸食歯(さんしょくし)の原因になるので注意しましょう。

●飲むなら黒酢や果実酢がおすすめ

穀物酢や米酢はツンとした香りや酸味が強く、飲みやすいのは黒酢や果実酢です。

熟成期間が長いものほどコクがあり、まろやかな傾向があります。「酸味やにおいが強くてちょっと飲みにくい」という方は、牛乳や野菜ジュースに混ぜると酸味も和らいでおすすめです。